メール送信時の認証を有効にする方法

◆Microsoft Outlook

1)[ファイル]-[情報]-[アカウント設定]-[アカウント設定(A)]
 (2007の場合[ツール]-[アカウント設定])
  
2)アカウント設定画面が表示される
(設定を変更したいアカウントを選択する)-[変更(A)]を選択
  
3)アカウントの変更画面が表示される
 [詳細設定(M)]を選択
  
4)インターネット電子メール設定画面が表示される
 [送信サーバー]-[送信サーバー(SMTP)は認証が必要(O)]の□にチェックを入れる
 [受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)]の○にチェックを入れる-[OK]

5)アカウントの変更画面にもどる
 [次へ(N)]を選択

6)テストアカウント設定画面が表示される
 (入力されたアカウント設定をテストをしています)
  →自動的にテスト送信され(すべてのテストが完了しました。[閉じる]をクリックして続行してください)が表示される-[閉じる(C)]-[完了]
  (アカウント設定画面を閉じる)

◆Windows Liveメール

1)[アカウント]-(設定を変更したいアカウントを選択する)-[プロパティ]
 (2009&Windowsメールの場合[ツール]-(アカウント設定を変更したいアカウントを選択する)-[プロパティ]

2)プロパティ外面が表示される
 [サーバー]-[このサーバーは認証が必要]の□にチェックを入れる-[設定]

3)送信メールサーバー画面が表示される
 [受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)]の○にチェックを入れる-[OK]

このコンテンツはアクセス制限されています。会員の方はログインしてください。

既存ユーザのログイン

Login form protected by Login LockDown.